花火大会やお祭り、コンサートなど年にいくつも行われる大切なイベントのセキュリティを守る警備員は欠かせない存在です。イベントの来場者に対し、安全を確保しながら誘導するということが主な業務となります。大変混雑する中での業務ということもあり、危険な状況を見落とさないよう細心の注意を払うことが必要です。イベント警備(雑踏警備)における業務について詳しく解説いたします。

イベント警備とはそもそもどのような業務なのか?

イベント警備とはそもそもどのような業務なのか?

イベント警備を行うにあたり重要な目的はいくつかありますが、最も重要な目的が来場者を安全に誘導するということです。イベントは多くのお客さんで混雑する他、来場者の多くはイベントに熱中しているため、歩行中は注意が散漫になっており、危険な通路・場所があった場合はケガや転倒するなどのリスクが高まります。

よって、警備員がそうした危険性をいち早く発見し除去する、あるいは回避するために周辺を注意深く監視・警備することが必要となるのです。駐車場での交通誘導も重要な業務の一つとなりますが、非常に多くの車両で混雑する場合は危険な状況も生まれがちです。事故などのトラブルを事前に防ぐために、警備員による的確な判断と誘導が求められます。

その他、不審人物の監視と報告などを同時に行うこともイベント警備の業務に含まれます。

イベント警備が欠かせないシーンとは?

イベント警備が欠かせないシーンとは?

花火大会やお祭りなどは、周辺が暗いこともあり安全な誘導が必要となります。そのため、警備員は依頼を受けると、立ち入り禁止や観覧禁止エリアへの立ち入りを規制し、事故を未然に防ぎます。

コンサート会場では内外での警備業務があり、多くの来場者が移動する道中で事故などのトラブルが発生しないように、適切に目的地へと誘導します。

観客席の最前列で行う警備は、ステージに向かおうとする人を制止するなど、進行を妨げる状況を排除する役割があります。その他、マラソン大会やデパートの催事、オープンセールや初売りなどでも同様に警備が必要とされています。最近ではSNSなどで急にお客様が増えた店舗様が、お客様の整理・整列のためにご利用頂くこともあります。

大阪で警備業務の求人を探している方や、警備会社で働きたいとお考えの方はいらっしゃいませんか?大阪の警備会社ケイ・ビー・エスでは、業界経験者・未経験者を問わず、一緒に警備のお仕事をしてくれる方を大募集しています。ご希望の方は、サイト内の応募専用フォームより必要項目をご記入頂き、お気軽にご応募下さい。大阪で警備のお仕事をするなら大阪市東淀川区にある警備会社ケイ・ビー・エスへ。

大阪で警備会社をお探しならケイ・ビー・エス

会社名 有限会社 ケイ・ビー・エス
住所 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島4丁目11−3−105
tel 06-6160-4565
fax 06-6160-4566
URL http://keibi.work/