警備員として働くためには、必ず研修を受けることが警備業法によって義務付けられています。警備業務は事故を未然に防ぐ重要な役割があり、人命に関わることも多く含まれるため、警備会社の責任において知識や技能を習得するための研修を行わなければいけません。

研修は、初めて警備業に就く未経験者に対して行われる「新任研修」と、継続して勤務している人が受ける「現任研修」の2種類があります。ここでは、それぞれの研修がどのような内容で行われるのかをご説明いたします。

新任研修の内容について

新任研修の内容について

新任研修の受講時間は、基本的に基本教育と業務別教育で合計20時間以上となっております。法令で定められた一部の方には減免が認められています。基本教育では、警備業務を行う上で基本となる知識について学びます。

その他にも、座学で行われるDVDやテキスト、スライド、各種資料を使った講義、さらにけが人に対する応急処置や通報を含む緊急時の対応、無線機の使い方、広報の方法、基本動作などの教育も行われます。

業務別教育は、お客様から頂いた警備依頼を適切に遂行するために、より実践的な内容を学びます。講習内容として警備業務対象施設の警備、工事現場や駐車場などの交通誘導警備、貴重品を運搬する車両の警備、人の身辺警備、機械の警備などの内容で講義を受けます。その他、実際の現場での実地教育なども行われます。

現任研修の内容について

現任研修の内容について

研修は新任研修に限ったものではなく、継続して勤務している警備員についても研修を受けることが義付けられています。毎年必ず基本教育と業務別教育合わせて10時間以上の研修を受ける必要があります。ただし、各種資格の取得によっては法令で減免が認められています。

これは、警備業務における知識や能力の向上を図ることを目的とし、より高度で専門的な知識や技能を取り入れるため講義や実技を交えて学びます。

大阪・神戸で警備のお仕事に興味をお持ちの方や、求人をお探しの方はいませんか?大阪市東淀川区にある警備会社ケイ・ビー・エスでは、大阪・神戸で警備員として共に働いて下さる新人スタッフを大募集しています。様々な警備依頼を承っており、イベント・交通誘導警備などの業務をはじめ、ホテルやデパートなど様々な施設に常駐してお客様の安全をお守りします。

経験豊富な講師陣が多く在籍しており、新人スタッフに対しては丁寧な指導を行っていますので、初心者でも安心してご応募頂けます。また、法定研修終了後には、独り立ちするまでの間社内研修も実施していますので、お客様から警備依頼を受けて活躍するまでにはしっかりと業務に必要な知識や技能を習得することが可能です。

資格取得のための勉強会も随時開催しており、1級の検定にかかる費用は自社で負担いたします。試験を受ける方は、仕事を休んででも参加するようおすすめしていますので、無理なく資格取得を目指して頂ける環境が整っています。大阪・神戸で警備員になりたい方はぜひケイ・ビー・エスへ。

京都で警備依頼の募集を行うケイ・ビー・エス

会社名 有限会社 ケイ・ビー・エス
住所 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島4丁目11−3−105
tel 06-6160-4565
fax 06-6160-4566
URL http://keibi.work/